2010年05月27日

<こち亀>麗子像「スタイル守る」 制作会社現場確認、補強など対策検討(毎日新聞)

 銅像の強度と脚線美の両立なるか−−。JR亀有駅(東京都葛飾区)前の人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」のキャラクターで女性警察官、秋本カトリーヌ麗子の銅像「麗子像」が足元から曲げられた事件で、銅像を制作した竹中銅器(富山県高岡市)の担当者が26日、現状確認に訪れた。銅像そのものを作り直すか部分的な補強にするかなど今後の方針を検討するためで、同社は「麗子のイメージを壊さないで強度を上げる最適な方法を考えたい」としている。【山田奈緒】

【事件の第一報】こち亀:今度は「麗子像」曲げられる

 担当者によると、麗子像は両脚のアキレス腱のあたりが繰り返し曲げられたことにより、金属疲労を起こしている可能性が高い。足にブーツを履かせるデザインにして補強する、より強度のある心棒を通すなどの対策を今後、検討していくという。

 同駅周辺にはこち亀キャラクターの銅像が計11体ある。麗子像は区などが今年3月に設置。今月19日に傾いているのが見つかり、22日になって今度は再び何者かによって真っすぐに戻されているのが確認された。

 4月に主人公の両さん(両津勘吉)の銅像が持つマラカスが折られる事件が起きたばかりだっただけに、立て続けの受難は地元の人たちに波紋を広げている。地元の商店街の平岩敏夫会長は「街のシンボルとして大事に見守っていたのに悲しい」と話す。

 駅周辺の七つの商店街が協力して作った銅像群の散策マップでは麗子像を「その完ぺきなスタイルで見る人全員を魅了するぞ」と紹介。地元のマドンナに位置づけられている。このため、地元住民からは「麗子が修理で大根足になるのはいやだ」との声もある。

 区も「予算の制約もあるが、麗子のスタイルは守らねば」と話しており、補強とスタイルの両立の難題に取り組むことになる。

【関連ニュース】
【さらなる展開】こち亀:曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?
【写真特集】こち亀:両さんの銅像壊される 東京・葛飾
【関連記事】両さん像損壊:容疑の会社員を書類送検…警視庁亀有署
【両さんの像は】こち亀「両さん」像を修復…東京・亀有

<愛知・嘱託殺人>68歳男に懲役6年 地裁岡崎支部判決(毎日新聞)
<鉄道事故>JR南武線で飛び込み 70代女性軽傷(毎日新聞)
参院選「7月11日投開票」公算、国会延長せず(読売新聞)
会話優しく中身は厳しい…船橋市債権回収チーム(読売新聞)
<口蹄疫>観光客も「来て」言えず 2次被害打つ手なし(毎日新聞)
posted by df4kualxse at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。