2010年03月18日

<嘉手納ラプコン>日本側移管で日米合意(毎日新聞)

 日米合同委員会は18日、米軍が受け持ってきた沖縄本島周辺空域の進入管制業務(嘉手納ラプコン)について、31日付で日本側に移管することで合意した。

 嘉手納ラプコンは、米空軍嘉手納飛行場を中心に半径約90キロ・高度約6キロ以下など、沖縄本島上空を覆う空域に進入する航空機に対する管制業務。72年の沖縄返還の際、空域に在日米軍が使用する那覇、嘉手納、普天間の各飛行場があることから、米軍が管制を担ってきた。

【関連ニュース】
日米密約:真相究明へ前進 報告書は西山さんの指摘追認
日米密約:非核の虚構 崩壊 歴代外相、弁明に終始
日米密約:横須賀市議会が非核三原則順守の意見書案可決
岡田外相:「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求
日米密約:守秘義務に違反せず 元外務省幹部証言

NEC元部長の過労自殺認定=「過重業務でうつ病」−東京地裁(時事通信)
横転した車に夜行バス衝突、男性死亡(読売新聞)
殺人で捜査本部を設置=東京・国分寺の男性死亡−警視庁(時事通信)
堀江貴文氏に差し押さえ執行 ヒルズの自宅で競売も(スポーツ報知)
放射線障害防止法にクリアランス制度−文科省が改正案(医療介護CBニュース)
posted by df4kualxse at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。